ほうじ茶苦楽ひょう 粒あん・白あん自分好みの味を楽しめる最中

西宮市苦楽園の地名の由来になったといわれるのが「苦楽ひょう」という瓢箪。大阪の実業家である中村伊三郎が所有していた家宝だったといわれる瓢箪を模した皮に、自分であんを入れて仕上げる楽しい最中です。

  • 白あんは北海道産手亡豆
  • 粒あんは北海道産小豆
  • 皮に練り込んだほうじ茶の香りを存分に楽しみたい方は、あんを少なめに入れるのがオススメです。

苦楽ひょう(白あん)
原材料名 :最中種: もち米(国産)、ほうじ茶 白あん: 砂糖、大手亡、水飴、寒天
保存方法:直射日光・高温多湿を避けて保存してください。

苦楽ひょう(粒あん)
原材料名 :最中種: もち米(国産)、ほうじ茶 粒あん: 砂糖、小豆、水飴
保存方法:直射日光・高温多湿を避けて保存してください。

ほうじ茶スイーツの魅力を詰め込んだ。さいさいギフトセット D ¥3,467(税込)